ページの先頭です

FUJIFILM スマホ写真センスアップ術

FUJIFILM スマホ写真センスアップ術
トップページへ戻る

見ているだけで癒される♡
ワンちゃん・ネコちゃん撮影テクニック

見ているだけで癒しをくれるワンちゃん・ネコちゃんたち。愛くるしい姿をたくさん残しておきたい!と撮影するも、なんとなくいつも同じ構図・表情の写真になりがち。今回は、スマホカメラならではの撮影方法やアングルのコツを取り入れ、ペットのイヌ・ネコを中心に、動物たちの生き生きとした表情をとらえるワザを紹介します。

目線の高さを動物に合わせましょう

可愛く撮影するための一番簡単なテクニックは、目線の高さを動物に合わせること。
人間の目線の高さからスマホカメラの広角レンズで撮影すると、パース(遠近感)が付いてゆがみやすくなってしまいます。1~1.5mほど離れた位置からちょっとズームして捉えることで画面が真っ直ぐ整いやすくなり、目線もきちんと合わせられます。

  • 人間の目線の高さ

  • ペットの目線の高さ

  • くつろぎスポット

  • お昼寝スポット

また、ペットたちの習性を活かし、リラックスできる環境で撮影することも大切なポイント。ワンちゃんなら、ソファやクッションの上で安心しているときがくつろいだ表情を撮れるタイミング。ネコちゃんは、かごや箱の中で丸まって眠るのが大好き。“いつもの場所”がある場合は、定番の撮影スポットとして決めておくのも良いかもしれません。表情が際立つよう、背景はなるべくシンプルにしておきましょう。

リラックスして寝ているときも絶好の撮影チャンス。安心している可愛らしいポーズは、ペットと飼い主の信頼関係があってこそ撮れる写真です。

キャッチアイを入れて撮影しましょう

窓から入る自然光で部屋全体を明るくし、照明などで瞳の中に光(キャッチアイ)を入れるイメージで撮影してみましょう。目にキラリと輝くことで、生き生きとした表情を演出できます。明るい時間帯なら、カーテンを開けて撮影するのがベスト。屋外撮影の場合は、日陰でも自然とキャッチアイが入った写真を撮影することができます。ただし、動物を撮影する際は必ずフラッシュを「オフ」にしておきましょう。ペットの目に悪影響なうえ、強い光で驚かせてしまっては可愛い写真も撮れません。

  • 屋外での撮影

  • 窓からの光

  • 蛍光灯の光

  • 窓からの光

HDR機能と明るさ調整を使いこなそう

白や黒といったコントラストの強い毛色のワンちゃん・ねこちゃんには、HDR機能を「オン」にして撮影するのがオススメ。ノーマルで撮影すると白飛びしてしまう毛並みの質感や黒い毛にまぎれてしまう瞳をくっきり浮かび上がらせることができます。また、白っぽく明るい毛色の子には明るさ調整を「プラス」に、黒っぽい毛質の子には「マイナス」にして撮影することで、より毛の質感が伝わる写真に仕上がります。
HDR機能と明るさ調整の詳細については、スマホカメラのキホン<撮影機能編>をご確認ください。

  • HDRオフ

  • HDRオン

  • HDRオフ

  • HDRオン

可愛いしぐさや視線を捉えるアングルのコツ

<スマホカメラの利点を生かして、カメラの位置を工夫する>

スマホカメラの長所を生かした撮影にトライしてみましょう。たとえば、手の向きひとつでアングルを自由に変えられるのも利点のひとつ。スマホを逆さまにして地面に着くように持ちローアングルから狙うと、目で見ているのとはひと味違った姿を捉えることができます。ペットが椅子など高さのあるものに乗った瞬間は、下からのアングルで狙いやすいタイミングです。また、インカメラで自分が写った画面を見せながら撮影してみても面白い表情が撮れるかもしれません。

この場合、ピントはあえて手前の肉球に合わせ、思わず触れたくなるような写真に。あごを床につけたリラックス中の姿も撫でてあげたくなる可愛さ満点のポーズです。

<全身にこだわらず、可愛いパーツを切り取る>

顔や全身を撮りがちですが、ペットのチャームポイントだけを切り取ると意外なほど可愛さが伝わる写真に仕上がります。この場合、画面の真ん中ではなく、思い切って左右あるいは上下に被写体を寄せて余白を空けてみましょう。余白が出来ることで、ストーリーが生まれ、どんな表情をしているのかな?という想像力も沸いてきます。
スクエア写真でも可愛さが強調されるのは、余白を活かした撮影の利点です。

  • 通常撮影

  • スクエアにトリミング

  • 通常撮影

  • スクエアにトリミング

モノクロ撮影の効果を活かしてみましょう

モノクロ撮影では、生活感が出てしまいがちな場所や屋外看板など、主張する背景を和らげる効果が得られます。

可愛い表情だけでなく、お散歩中のスナップショットもモノクロ撮影ならドラマチックな印象に。シルエットが強調されるように明るさ調整をして影を濃くしましょう。

番外編・外で出会う、ネコたち

自由奔放な外ネコを見つけたら、近づく前にスマホカメラを起動! シャッターチャンスを逃さないよう準備しておきましょう。外ネコは警戒心も強いので、慌てて撮ると失敗のもと。じっくり様子をうかがいながら近づくのが撮影のコツです。

驚かさないよう、そっとしゃがみこんで目線の高さを合わせて撮影を。少し距離をとって、ズームを活用するのも◎。ネコの日常、街の様子を背景に取り入れると外ネコらしい物語を感じさせることができます。

見慣れたペットたちの表情も、目線やアングルを少し変えるだけで違った可愛さに出会えるかもしれません。手のひらサイズのスマホカメラなら、きっとペットの自然な姿も撮れるはず。今回ご紹介したテクニックを取り入れて、とっておきの表情を撮影してくださいね!

撮影協力:Cat cafe にゃんこと

http://www.nyankoto.com

ワンちゃんたち:ベル男君・コマ君

このページの作例写真は、iPhone X/8で撮影しました(機材協力:Apple Japanソフトバンク株式会社

ハッシュタグをつけてSNS投稿してみよう。共有しよう。

  • #FUJIFILM
  • #スマホ写真センスアップ
  • #スマホ写真部
  • #スマホ写真
  • #スマホ撮影
  • #スマホ撮り
  • #スマホで撮影
  • #スマホカメラ部
  • #スマホpic
  • #スマホ写真館
  • #ペット
  • #動物
  • #犬
  • #イヌ
  • #わんこ
  • #猫
  • #ネコ
  • #にゃんこ
  • #ふわもこ部
  • #犬スタグラム
  • #にゃんすたぐらむ
  • #わんすたぐらむ

Contents

New 最新の記事

スマホと一緒に歩いてみよう!
のんびりご近所おさんぽフォト編

一眼レフカメラのように気合いを入れなくても、気取らず身軽にパッと取り出して撮影できるのがスマホカメラの大きな強み。 身軽に歩けるので、おさんぽフォトにもぴったりのアイテムです。スマホを片手に写真を撮り歩くだけで、見慣れた景色のなかにもとっておきの瞬間を見つけられるはず。今回は、街歩きが楽しくなる写真撮影のコツを作例とともにご紹介します!

手軽でおしゃれなSNSの定番
スクエア写真をもっと楽しもう!

Instagramをきっかけに広まり、今ではおしゃれフォトの定番として親しまれているスクエア(正方形)写真。何気ないものでもフォトジェニックに写し出してくれる魔法のフォーマットです。その反面、一般的な4:3の縦横比率で撮る写真とは違う正方形での構図作りには、多少の慣れとコツが必要な面も。今回は、そんなスクエア写真の撮影テクニックをプロの視点で解説。知っておくだけで他とはちょっぴり差がつくワザが満載です!

見ているだけで癒される♡
ワンちゃん・ネコちゃん撮影テクニック

見ているだけで癒しをくれるワンちゃん・ネコちゃんたち。愛くるしい姿をたくさん残しておきたい!と撮影するも、なんとなくいつも同じ構図・表情の写真になりがち。今回は、スマホカメラならではの撮影方法やアングルのコツを取り入れ、ペットのイヌ・ネコを中心に、動物たちの生き生きとした表情をとらえるワザを紹介します。

Basic  撮り方のキホン

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <手元操作編>

スマホカメラで撮影するとき、どんなふうにシャッターを押していますか? 構え方やシャッターの押し方といった「キホン」を知るだけで、写真はもっとステキになります。今回は、写真がブレにくくなるスマホの持ち方〜簡単なアングルテクニックなど、すぐに使える手元操作のキホンをお教えします!

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <撮影機能編>

「AF(オートフォーカス)」、「HDR」、「明るさ調整」 ―― 。身近なスマホカメラにも、実は本格的な撮影機能が搭載されています。タッチひとつで操作できるのもスマホならでは。今回は、意外と使いこなせていないスマホカメラの機能をプロの視点で解説。写真をレベルアップさせるヒントが満載です!

More これまでの記事

意外とカンタン、すぐ出来た!
はじめてのスマホから写真プリントレポート

撮影した写真たち、スマホの画像フォルダに入れっぱなしになっていませんか? せっかく撮ったステキな思い出、液晶画面で見るだけではもったいない! 実は、写真屋さんで簡単・すぐにプリント出来ちゃうんです。今回は、実際にモデルさんに体験してもらったスマホ写真のプリントレポートをお届けします。

ひと手間かけてレベルアップ!
映えるテーブルフォト&置き画テクニック

心が踊るおいしい料理や大切にしているコレクション、写真でステキに残しておきたいですよね。今回は、卓上でモノを撮るシチュエーションに使える「テーブルフォト」の撮影テクニックをご紹介。SNSでも注目度の高い、アイテムを並べて真上から撮影する“置き画”のコツもたっぷりご紹介します!

スマホでもこんなにキレイ!
自撮り&記念撮影に使える人物写真テクニック

写真を撮るうえでハズせない被写体、それは「人」! ただし、ひとくちに人物写真といってもその撮影環境はさまざま。今回は、自撮り・記念撮影・グループショットといった各パターンで使えるポートレート撮影のコツをご紹介。SNS映えはもちろん、記念や思い出の1枚にも応用できるワザをお届けします!

一生ものの風景を手の中に
スマホで切りとる! ステキな風景

お散歩で、旅行先で。なにかと撮る機会の多い風景写真の決め手は、ズバリ「構図」! ……と聞くと難しそうですが、画面を見ながら直感的に操作できるスマホカメラなら大丈夫! 便利な撮影機能とプロのテクニックを取り入れて、忘れたくない風景を見たままステキに切りとってみませんか?

昨日のごはん、なに食べた?
スマホで残そう! おいしいキロク

いつもの食卓からハレの日のごちそうまで、つい撮りたくなる食べもの写真。SNSでも「いいね!」を集める人気の被写体です。簡単操作で直感的に撮影できるスマホの利点を生かして、“しずる感”たっぷりの思わずお腹が鳴ってしまうグルメな写真を撮ってみましょう!

イマしか撮れない空(ソラ)がある!
スマホで撮ろう! アートなソラフォト

暁、黄昏、日本晴れ ―― 。その様子を表す言葉も多く存在し、季節・時間・気象によってさまざまな景色を見せてくれるソラ。いつでも持ち歩けるスマホカメラだからこそ撮れる、一期一会の眺めがあるはずです。心打つソラ模様に出会えるタイミングとひとあじ違う1枚を撮るためのコツをお教えします!

トップページへ戻る