ページの先頭です

FUJIFILM スマホ写真センスアップ術

FUJIFILM スマホ写真センスアップ術
トップページへ戻る

ひと手間かけてレベルアップ!
映えるテーブルフォト&置き画テクニック

心が踊るおいしい料理や大切にしているコレクション、写真でステキに残しておきたいですよね。今回は、卓上でモノを撮るシチュエーションに使える「テーブルフォト」の撮影テクニックをご紹介。SNSでも注目度の高い、アイテムを並べて真上から撮影する“置き画”のコツもたっぷりご紹介します!

適した撮影位置を見極めよう

テーブルフォトを撮影する場合に意識したいのが「撮影する位置や場所」。たとえば、素敵なカフェで過ごす時間。ほっとひと息つけるコーヒーの背景に店内の雰囲気を写し入れれば、より臨場感の伝わる1枚になります。

  • コーヒーの似合う風景

  • 撮影に適した環境

また、背景と同じく被写体を際立たせる「光選び」も大切なポイント。自宅での撮影なら、レースカーテン越しに柔らかな光の入る窓際などが最適です。
また、より撮影に適しているのは薄曇りの日。光の強い晴れた日は、テーブルの位置を窓際から引き離すだけで、ずいぶん光の当たり方が変わります。

決め手は「アングル」と「配置」

テーブルフォトの見栄えを左右するのが「アングル」と「被写体の配置」。撮りたいモノ、注目させたいポイントによって使い分けてみましょう。ここでは、簡単&おしゃれに撮れる2つのおすすめアングルと配置のコツをご紹介します。

全体を見せるなら「真上」から

被写体の全体像を見せたいときには「真上」からの撮影がおすすめ。背景に気を配る必要もありません。フレーム内の上下or左右の余白が均等になるように意識するのが美しく見える配置のコツです。スクエア(ましかく)にトリミングするとより被写体が引き立ちます。

  • 真上アングル

  • スクエア(ましかく)にトリミング

  • イメージ的な写真

  • ディテールを見せる写真

ディテールを見せたいときにも「真上」のアングルは有効です。その場合は、スマホカメラの利点を生かし被写体にレンズを近づけて撮影してみましょう。
ここでは、あえてお皿を切ることでフレーム内の情報を絞り、食材の質感や彩りを強調しました。

奥行きと雰囲気を出せる「真横」撮影

高さを強調できる「真横」からの撮影は、背の高いグラスやボリュームのある料理にも適したアングル。モノだけでなく空間や雰囲気を見せたいときにもおすすめです。

  • 高さを活かしたアングル

  • 奥行きを意識したアングル

美しく見せるコツは、奥行き(遠近感)を意識すること。一番見せたい被写体は手前に、背の高いものは奥に配置することで整頓された画になります。
背景が強調されすぎないよう「被写体7:背景3」程度のバランスが最適です。

スタイリングで写真を格上げ!

ここで解説する「スタイリング」=被写体が引き立つ背景選びや並べ方を考えること。シチュエーションによっては小道具をプラスするのも効果的です。ここでは、スタイリングを意識することによって見栄えがどう変わるのか、作例を添えてご紹介します。

被写体に合う“背景色”を見つけよう

一番簡単で上手な背景の選び方は、被写体に合う背景の色を見つけること。
たとえば、アイス×緑の壁=ビタミンカラーでポップに、コーヒー×白い壁=シックで穏やか…と、背景の色次第で被写体のイメージを強調することができます。お散歩しながらの手持ちフォトなど、屋外でも使えるテクです。

  • アイス×緑の壁

  • コーヒー×白い壁

  • カジュアルに

  • 品良くシックに

  • 親しみやすく爽やかに

テーブルフォトの場合、クロスやトレイを使えばイメージに変化をつけることができます。ここでは、同じ被写体を3色の背景で撮影しました。
英字新聞→カジュアル、濃紺→品良く、黄色→爽やかに…と、それぞれに雰囲気がプラスされています。季節感のある植物や小物も、特別感を演出してくれる好アイテムです。

上手な“置き画”の3テクニック

アクセサリーやコスメを並べて真上から撮る、SNSでも人気の“置き画”。トライしてみたものの、なぜかゴチャゴチャ、おしゃれに見えない…という方も少なくないのでは? この置き画、単純そうに見えて実は奥が深いのです。ここでは置き画がもっと楽しくなる3つのテクニックをご紹介します。

① アイテムの色味を揃える

服、バッグ、靴など、形やデザインの異なるものを一枚に納めるときには、できるだけ色味を揃えてみましょう。整然と並べてもラフに並べてもアイテムの同系色のものであれば、自然とすっきりまとまった印象が生まれます。

  • 整然とした配置

  • 動きのある配置

  • ラフな配置

  • ワンポイントなし

  • ワンポイントあり

② シンプルな被写体には+αを

シンプルなアイテムは、実際には美しくても写真だと寂しい印象になってしまうことも。その場合は、フレーム内にワンポイントをプラスするとメリハリのついた画になります。主張し過ぎないものを選ぶのがポイントです。

③ 明度を調整して印象を変える

撮りたい画によって「露出補正機能」で画像の明度を調整してみましょう。明度を下げる(暗めにする)と落ち着いた雰囲気に、明度を上げる(明るくする)と爽やかな雰囲気の画になります。またアイテムをくっきりと見せたいときには、光を反射する白壁やトレイなどでレフ板効果を加えると◎です。

  • 落ち着いた色=明度を下げる

  • 明るい色=明度を上げる

  • 光が反射するレフ板効果

テーブルの上には、心を豊かにしてくれるものがたくさん。いつもの食卓や日用品も少し手を掛けるだけでステキな被写体になります。少し凝って撮影してみれば、見慣れたモノの新しい一面が見えてくるかも。ぜひトライしてみてくださいね。

撮影協力:omotenashamoji

http://omotenashamoji.strikingly.com/

このページの作例写真は、iPhone X/8で撮影しました(機材協力:Apple Japanソフトバンク株式会社

ハッシュタグをつけてSNS投稿してみよう。共有しよう。

  • #FUJIFILM
  • #スマホ写真センスアップ
  • #スマホ写真部
  • #スマホ写真
  • #スマホ撮影
  • #スマホ撮り
  • #スマホで撮影
  • #スマホカメラ部
  • #スマホpic
  • #スマホ写真館
  • #テーブルフォト
  • #置き画
  • #置き画くら部
  • #食べ物グラム
  • #たべすたぐらむ
  • #カフェスタグラム

Contents

New 最新の記事

スマホと一緒に歩いてみよう!
のんびりご近所おさんぽフォト編

一眼レフカメラのように気合いを入れなくても、気取らず身軽にパッと取り出して撮影できるのがスマホカメラの大きな強み。 身軽に歩けるので、おさんぽフォトにもぴったりのアイテムです。スマホを片手に写真を撮り歩くだけで、見慣れた景色のなかにもとっておきの瞬間を見つけられるはず。今回は、街歩きが楽しくなる写真撮影のコツを作例とともにご紹介します!

手軽でおしゃれなSNSの定番
スクエア写真をもっと楽しもう!

Instagramをきっかけに広まり、今ではおしゃれフォトの定番として親しまれているスクエア(正方形)写真。何気ないものでもフォトジェニックに写し出してくれる魔法のフォーマットです。その反面、一般的な4:3の縦横比率で撮る写真とは違う正方形での構図作りには、多少の慣れとコツが必要な面も。今回は、そんなスクエア写真の撮影テクニックをプロの視点で解説。知っておくだけで他とはちょっぴり差がつくワザが満載です!

見ているだけで癒される♡
ワンちゃん・ネコちゃん撮影テクニック

見ているだけで癒しをくれるワンちゃん・ネコちゃんたち。愛くるしい姿をたくさん残しておきたい!と撮影するも、なんとなくいつも同じ構図・表情の写真になりがち。今回は、スマホカメラならではの撮影方法やアングルのコツを取り入れ、ペットのイヌ・ネコを中心に、動物たちの生き生きとした表情をとらえるワザを紹介します。

Basic  撮り方のキホン

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <手元操作編>

スマホカメラで撮影するとき、どんなふうにシャッターを押していますか? 構え方やシャッターの押し方といった「キホン」を知るだけで、写真はもっとステキになります。今回は、写真がブレにくくなるスマホの持ち方〜簡単なアングルテクニックなど、すぐに使える手元操作のキホンをお教えします!

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <撮影機能編>

「AF(オートフォーカス)」、「HDR」、「明るさ調整」 ―― 。身近なスマホカメラにも、実は本格的な撮影機能が搭載されています。タッチひとつで操作できるのもスマホならでは。今回は、意外と使いこなせていないスマホカメラの機能をプロの視点で解説。写真をレベルアップさせるヒントが満載です!

More これまでの記事

意外とカンタン、すぐ出来た!
はじめてのスマホから写真プリントレポート

撮影した写真たち、スマホの画像フォルダに入れっぱなしになっていませんか? せっかく撮ったステキな思い出、液晶画面で見るだけではもったいない! 実は、写真屋さんで簡単・すぐにプリント出来ちゃうんです。今回は、実際にモデルさんに体験してもらったスマホ写真のプリントレポートをお届けします。

ひと手間かけてレベルアップ!
映えるテーブルフォト&置き画テクニック

心が踊るおいしい料理や大切にしているコレクション、写真でステキに残しておきたいですよね。今回は、卓上でモノを撮るシチュエーションに使える「テーブルフォト」の撮影テクニックをご紹介。SNSでも注目度の高い、アイテムを並べて真上から撮影する“置き画”のコツもたっぷりご紹介します!

スマホでもこんなにキレイ!
自撮り&記念撮影に使える人物写真テクニック

写真を撮るうえでハズせない被写体、それは「人」! ただし、ひとくちに人物写真といってもその撮影環境はさまざま。今回は、自撮り・記念撮影・グループショットといった各パターンで使えるポートレート撮影のコツをご紹介。SNS映えはもちろん、記念や思い出の1枚にも応用できるワザをお届けします!

一生ものの風景を手の中に
スマホで切りとる! ステキな風景

お散歩で、旅行先で。なにかと撮る機会の多い風景写真の決め手は、ズバリ「構図」! ……と聞くと難しそうですが、画面を見ながら直感的に操作できるスマホカメラなら大丈夫! 便利な撮影機能とプロのテクニックを取り入れて、忘れたくない風景を見たままステキに切りとってみませんか?

昨日のごはん、なに食べた?
スマホで残そう! おいしいキロク

いつもの食卓からハレの日のごちそうまで、つい撮りたくなる食べもの写真。SNSでも「いいね!」を集める人気の被写体です。簡単操作で直感的に撮影できるスマホの利点を生かして、“しずる感”たっぷりの思わずお腹が鳴ってしまうグルメな写真を撮ってみましょう!

イマしか撮れない空(ソラ)がある!
スマホで撮ろう! アートなソラフォト

暁、黄昏、日本晴れ ―― 。その様子を表す言葉も多く存在し、季節・時間・気象によってさまざまな景色を見せてくれるソラ。いつでも持ち歩けるスマホカメラだからこそ撮れる、一期一会の眺めがあるはずです。心打つソラ模様に出会えるタイミングとひとあじ違う1枚を撮るためのコツをお教えします!

トップページへ戻る