ページの先頭です

FUJIFILM スマホ写真センスアップ術

FUJIFILM スマホ写真センスアップ術
トップページへ戻る

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <手元操作編>

スマホカメラで撮影するとき、どんなふうにシャッターを押していますか? 構え方やシャッターの押し方といった「キホン」を知るだけで、写真はもっとステキになります。今回は、写真がブレにくくなるスマホの持ち方〜簡単なアングルテクニックなど、すぐに使える手元操作のキホンをお教えします!

持ち方ひとつで写真は変わる?!

意外と知らないスマホカメラの上手な使い方。スマホの持ち方を変えるだけでも、いつもの写真が変化するはずです。

<持ち方(構え方)>

ブレや落下防止のために、スマホは両手でしっかり持って構えるのがキホン。タテに構えて撮影することを「タテ位置」、横に構えて撮影することを「ヨコ位置」と呼びます。※手帳型のカバーケースは外しておいたほうがより構えやすくなります。

<シャッター>

スマホカメラで撮影するとき、画面上のシャッターマークを押していませんか? 実は、スマホ本体側面にあるボリュームコントロール用の+−ボタンでもシャッターを切ることができます(※機種によって、機能がないものもあります)。
スマホカメラには、ボタンから指を離したタイミングでシャッターが切れる特性が。+−ボタンを使えば、構えた状態から指を動かす必要がないため、よりブレにくくなります。写真では、それぞれ+−ボタンが左手親指に位置しています。

<フラッシュ>

撮影時、フラッシュは「オフ」がキホン。下記の写真では、フラッシュを使用せず自然の光のみで撮影した左写真に比べ、フラッシュを焚いた右写真は陰影が濃く、本来の色味が損なわれてしまっています。また、暗い場所での使用もフラッシュの光が強過ぎると被写体が白くぼやけてしまうことがあります。

  • フラッシュ なし

  • フラッシュ あり

アングルを使い分けてみよう!

  • アイレベル

  • ハイアングル

カメラのアングル(位置・角度)は、「アイレベル」=目線の高さ、「ハイアングル」=目線よりも高い位置(見下ろす角度)、「ローアングル」=腰の位置よりも低い位置(見上げる角度)の3つがキホン。
アイレベルに比べ、ハイアングルでは画に立体感が生まれ、花の彩りもよく見えるようになりました。

ローアングルでは、アイレベルよりも奥行きが生まれ、距離感が強調されました。このように高さに変化をつけるだけでも印象がガラリと変わります。また、高さを強調したいとき、迫力のある画に見せたいときにも効果があります。

  • アイレベル

  • ローアングル

スマホカメラが得意/ニガテな被写体

いろんな場面で活躍してくれるスマホカメラですが、撮影に向いている被写体とそうでない被写体があります。

<得意な被写体>

得意とするのは、風景や集合写真など、全体的にしっかりと見せたい写真。これは、広い範囲でピントを合わせてくれるスマホカメラの特性が活かされるためです。手前にあるものと後方にあるもの、どちらもボケることなくくっきり見せてくれます。

<苦手な被写体>

スポーツや動物・こどもなどの動きが速く激しいものは、ピントが合いづらいため撮影が難しいことも。また、夜景や暗い場所での撮影も画質が荒くなったり、ブレたりと、得意ではありません。ただし、撮影後ステキに加工できる場合もあります。得意orニガテな被写体を知っておくことも、魅力的な写真を撮るためのコツです。

直感的な操作で写真に変化がつけられるのは、スマホカメラならでは。持ち方や構える位置を変えるだけでも、普段とはひとあじ違った写真が撮れるはずです。撮影の際は、ぜひ意識してみてくださいね。

ハッシュタグをつけてSNS投稿してみよう。共有しよう。

  • #FUJIFILM
  • #スマホ写真センスアップ
  • #スマホ写真部

Contents

New 最新の記事

スマホと一緒に歩いてみよう!
のんびりご近所おさんぽフォト編

一眼レフカメラのように気合いを入れなくても、気取らず身軽にパッと取り出して撮影できるのがスマホカメラの大きな強み。 身軽に歩けるので、おさんぽフォトにもぴったりのアイテムです。スマホを片手に写真を撮り歩くだけで、見慣れた景色のなかにもとっておきの瞬間を見つけられるはず。今回は、街歩きが楽しくなる写真撮影のコツを作例とともにご紹介します!

手軽でおしゃれなSNSの定番
スクエア写真をもっと楽しもう!

Instagramをきっかけに広まり、今ではおしゃれフォトの定番として親しまれているスクエア(正方形)写真。何気ないものでもフォトジェニックに写し出してくれる魔法のフォーマットです。その反面、一般的な4:3の縦横比率で撮る写真とは違う正方形での構図作りには、多少の慣れとコツが必要な面も。今回は、そんなスクエア写真の撮影テクニックをプロの視点で解説。知っておくだけで他とはちょっぴり差がつくワザが満載です!

見ているだけで癒される♡
ワンちゃん・ネコちゃん撮影テクニック

見ているだけで癒しをくれるワンちゃん・ネコちゃんたち。愛くるしい姿をたくさん残しておきたい!と撮影するも、なんとなくいつも同じ構図・表情の写真になりがち。今回は、スマホカメラならではの撮影方法やアングルのコツを取り入れ、ペットのイヌ・ネコを中心に、動物たちの生き生きとした表情をとらえるワザを紹介します。

Basic  撮り方のキホン

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <手元操作編>

スマホカメラで撮影するとき、どんなふうにシャッターを押していますか? 構え方やシャッターの押し方といった「キホン」を知るだけで、写真はもっとステキになります。今回は、写真がブレにくくなるスマホの持ち方〜簡単なアングルテクニックなど、すぐに使える手元操作のキホンをお教えします!

意外と知らない&今すぐ試せる!
スマホカメラのキホン <撮影機能編>

「AF(オートフォーカス)」、「HDR」、「明るさ調整」 ―― 。身近なスマホカメラにも、実は本格的な撮影機能が搭載されています。タッチひとつで操作できるのもスマホならでは。今回は、意外と使いこなせていないスマホカメラの機能をプロの視点で解説。写真をレベルアップさせるヒントが満載です!

More これまでの記事

意外とカンタン、すぐ出来た!
はじめてのスマホから写真プリントレポート

撮影した写真たち、スマホの画像フォルダに入れっぱなしになっていませんか? せっかく撮ったステキな思い出、液晶画面で見るだけではもったいない! 実は、写真屋さんで簡単・すぐにプリント出来ちゃうんです。今回は、実際にモデルさんに体験してもらったスマホ写真のプリントレポートをお届けします。

ひと手間かけてレベルアップ!
映えるテーブルフォト&置き画テクニック

心が踊るおいしい料理や大切にしているコレクション、写真でステキに残しておきたいですよね。今回は、卓上でモノを撮るシチュエーションに使える「テーブルフォト」の撮影テクニックをご紹介。SNSでも注目度の高い、アイテムを並べて真上から撮影する“置き画”のコツもたっぷりご紹介します!

スマホでもこんなにキレイ!
自撮り&記念撮影に使える人物写真テクニック

写真を撮るうえでハズせない被写体、それは「人」! ただし、ひとくちに人物写真といってもその撮影環境はさまざま。今回は、自撮り・記念撮影・グループショットといった各パターンで使えるポートレート撮影のコツをご紹介。SNS映えはもちろん、記念や思い出の1枚にも応用できるワザをお届けします!

一生ものの風景を手の中に
スマホで切りとる! ステキな風景

お散歩で、旅行先で。なにかと撮る機会の多い風景写真の決め手は、ズバリ「構図」! ……と聞くと難しそうですが、画面を見ながら直感的に操作できるスマホカメラなら大丈夫! 便利な撮影機能とプロのテクニックを取り入れて、忘れたくない風景を見たままステキに切りとってみませんか?

昨日のごはん、なに食べた?
スマホで残そう! おいしいキロク

いつもの食卓からハレの日のごちそうまで、つい撮りたくなる食べもの写真。SNSでも「いいね!」を集める人気の被写体です。簡単操作で直感的に撮影できるスマホの利点を生かして、“しずる感”たっぷりの思わずお腹が鳴ってしまうグルメな写真を撮ってみましょう!

イマしか撮れない空(ソラ)がある!
スマホで撮ろう! アートなソラフォト

暁、黄昏、日本晴れ ―― 。その様子を表す言葉も多く存在し、季節・時間・気象によってさまざまな景色を見せてくれるソラ。いつでも持ち歩けるスマホカメラだからこそ撮れる、一期一会の眺めがあるはずです。心打つソラ模様に出会えるタイミングとひとあじ違う1枚を撮るためのコツをお教えします!

トップページへ戻る