ページの先頭です
MENUフジフイルムのDVDダビング・復元サービス

フジフイルムネットプリントサービス / DVDにダビングサービス

意外に知らない!?ビデオテープをDVDへダビングする方法

家族の思い出を撮りためた古いビデオテープ。押し入れや納戸にしまいっぱなしにしていませんか?家庭用ビデオテープは経年劣化しやすく、そのままにしておくと、いずれは見られなくなってしまうこともあります。テープより先にビデオデッキが壊れてしまうこともありえますね。まだ見られるうちに、DVDへダビングしておくと大切な思い出をずっと残せます。

ビデオテープをDVD化する4つのメリット

VHS/S-VHS、VHS-C、ミニDV、8mmビデオ/Hi-8DVDなどに入っているのは、“アナログ”のデータです。DVDにダビングするというのは、アナログデータをデジタルデータへ変換するということ。映像をデジタル化すると、いろいろなメリットがあります。

1.劣化を防ぐ

家庭用ビデオテープは再生するうちにテープがのびたり、切れてしまったり、カビが生えたりすることがあります。劣化がひどくなれば、画質が悪くなったり、最悪の場合は見られなくなってしまうおそれも。DVD化すれば、画質の劣化の心配がなくなり、いつまでもきれいな映像を残せます。

2.スマホやタブレットで見られる

デジタル化すれば、DVDプレーヤーやパソコンはもちろん、スマホやタブレットでも気軽に見られるようになります。ビデオデッキが壊れた人も見られるようになりますし、再生のためだけにビデオデッキを持っていた人は処分することもできます。

3.コピーして他の人に渡せる

デジタルデータは複製や編集が簡単にできるのが大きな特長です。思い出の家族ビデオをコピーして親戚に配ったり、いらないシーンを編集して見やすくしたりすることも簡単にできます。

4.収納場所を減らせる

ビデオテープより、DVDのほうがかさばりません。本数が少ないと収納に必要なスペースにかなりの差が出ます。

ビデオテープをDVDにダビングする方法

自分でダビングする方法はいくつかあるのですが、機械が苦手な人にとってはちょっとハードルが高いところもあります。そもそもビデオデッキがなかったり、何十本も合ったりすると、自分でやるのは難しいですね。

そこでおすすめしたいのが、富士フイルムの「DVDにダビングサービス」。カビ付着やテープ切れなどのトラブルにも対応してくれ、長年の技術を活かして、テープに保存された色合いを忠実に再現してくれます。ケースのパッケージには映像からいくつかのシーンを自動抽出してプリントされているので、見たい映像が入ったDVDを探すのも簡単。また、メニュー画面内で各チャプターの映像が動くので、内容も簡単にチェックできます。

ビデオをDVDにダビングするとメリットがいっぱい。ぜひ、大切な思い出をDVDで保存してみてください。

フジフイルムの思い出を
カタチにするおすすめサービス

VHS・miniDV・8mmビデオをDVDにダビングしてお届け「DVDにダビングサービス」
8mmフィルムをDVDにダビングしてお届け「DVDにダビングサービス」
たくさんの写真プリントをDVDに変換してお届け「写真スキャンサービス」
たくさんの写真フィルム(ネガ・ポジ・黒白)をDVDに変換してお届け
アルバムを一冊まるごとDVD/ブルーレイとフォトアルバムに変換してお届け「写真スキャンサービス」
故障したメディアから画像やデータを復元し、DVDにしてお届け「メディアデータ復元サービス」


PAGE
TOP