Emiのコラム- vol.14

お気に入りのクローゼットに! 写真で「全身コーデの定点観測」

整理収納アドバイザーEmi整理収納アドバイザーEmi
2019/12/26

2019/12/26 TwitterFacebook

イメージ

「みつかる、私たち家族の”ちょうどいい”暮らし」をコンセプトにOURHOMEを運営する、整理収納アドバイザー/Emiです。

いよいよ今年も残すところあとわずかですね。大掃除を兼ねて、クローゼットの整理をされる方も多いでしょうか?

クローゼットをお気に入りの場所にするために、今回は、写真で「全身コーデの定点観測」をお届けします。

イメージ

自分の全身コーデを、定点観測

わたしは3年ほど前からほとんど毎日とある写真を撮り続けています。
それは、【服を着た自分の全身コーディネート写真】!

私はこの全身コーデ写真を撮り続けることを「定点観測」と呼んでいるのですが、元々は

・私に似合う服を知りたい
・細くみえる服はなんだろう〜(笑)
・自分が人の目にどう映るのか客観的に見たい

そんな思いからスタートました。

そして定点観測をはじめると、予想以上の効果がありびっくり!

今までは、単体で見ていた服をコーディネートした後のイメージで見られるようになり、毎朝の服選びがぐっとラクに。

自分に似合う服、似合わない服も客観的に見られるようになり、定点観測を続けてよかった〜!と感じています^^

イメージ

定点観測ってどうやってやるの?

まずは「撮影場所」を決めること。
写真を一覧したときに振り返りやすいように、同じ場所で撮るのがおすすめ。
家の前や玄関、毎日必ず通る場所で、服をジャマしない背景を選んでくださいね。

私の場合は、オフィスの壁で毎朝撮影しています。

写真を撮る場所が決まったら、次は「いつ・どうやって撮るか」を考えます。
家族にお願いしてもいいし、自撮りでもOK。

・朝、出かける前に子どもに撮影してもらう
・仕事から帰ったら、上着を脱ぐ前にセルフタイマーで撮る

など、毎回考えなくて済むように仕組みをつくるのが続けられるコツです。

自撮りの場合は、透明のコップを利用すれば、どこでも簡単にセルフタイマーで撮影ができますね。

イメージ

どうやって振り返って記録していったらいい?

定点観測は、撮って終わりではなく、振り返ることがとても大切。

私は、スマホの共有アルバムに定点観測の専用フォルダをつくり、自分が好きなコーディネートや人から褒められた服の写真をお気に入りに設定したり、コメントを書いたりしています。

スマホによっては、写真にコメントをすることができないものもあるようですが、その場合は「ひとりLINEグループ」をつくるのがおすすめです。

新しいグループをつくり、メンバーを自分だけにすればOK。写真とともにコメントを送れば、その全身コーデのどこが気に入っているのか、どこがNGなのかが簡単に残しておけます。

イメージ
わが家のクローゼットはリビングから丸見えです^^

クローゼットを整理するときに、じーっと眺めたり、服を手にとってみても、「高かったしなあ」「これはまだまだ着られるし…」ともとの位置に戻していた洋服たちも、

【自分が着ている全身コーデ写真を客観的にみる】

ただこれだけで、もう自分には似合わないもの、いくら高くても今の雰囲気とあわないものが、一目瞭然になりました。

撮りためた写真をときどき振り返って見ると、きっと気づくことがあると思いますよ^^

自分によく似合う、お気に入りの服だけを集めたクローゼットは、毎日眺めても気持ちが上がる場所に。

年末年始のお休みや新年のあたらしい試みとして、ぜひ写真の力をかりて、自分に似合う服をみつけてくださいね。

整理収納アドバイザーEmi

OURHOME EmiOURHOME Emi

整理収納アドバイザーEmi

HPinstagram

整理収納アドバイザーEmi

整理収納アドバイザー。OURHOME 主宰。
大手通販会社で、8年間の企画職を経た後、2012年独立。現在は、収納プランニング、各種セミナー開催、商品企画プロデュース、執筆活動など多彩に活躍。
著書に「OURHOME 子どもと一緒にすっきり暮らす」「シンプルだから忙しくてもずっと続く!子供の写真整理術」(ワニブックス)などがある。
NHK「あさイチ」や「まる得マガジン/写真整理術」の講師として出演。メディアでも活躍の場を広げている。プライベートでは自身も9歳になる双子の母として日々奮闘中。

HPinstagram
Twitter
Facebook
LINE