いつもうちの子を見ていたい!
癒されすぎるネコ写真と
過ごす毎日

「スマホで撮った“かわいい毎日”が、
お客さんのカフェ時間を彩ってくれています」

「いつ見ても、ぜんぜん飽きないですよね、ネコの仕草って」
そう話すのは、西荻窪でカフェ「raccoon(ラクーン)」を営む井澤さんです。

愛猫はスコティッシュフォールドの「もち」ちゃん。ちょっぴりシャイな もち ちゃんのいる生活は、毎日がシャッターチャンス。日常のふとした瞬間をスマホで撮影する習慣も、3年目を迎えました。

「つい増えてしまうネコ写真で、お店に飾るカレンダーを作りたいと考えていました。スマホ写真だったのでどんな仕上がりになるかドキドキしていたんですが、想像以上に素敵でびっくりしました」

今回、日々facebookなどにもアップしている「もちちゃん写真」は、どんなフォトカレンダーになったのでしょうか?

「お店に置いたカレンダーがきっかけで
お客さんが うちの子のファンになっちゃったんです」

「3年間撮りためていたので、何百枚という写真の中から13枚を選ぶのが大変でしたね(笑)」

カレンダーの顔でもある表紙には、毛布の上でくつろぐもち ちゃんの横顔が。リング製本タイプのカレンダーは、アンティーク調のインテリアにも素敵に馴染みます。

そんな会話に誘われたのか、カレンダーに近づいてきたもち ちゃん。

もふもふすぎる〜〜!
可愛すぎるぅ〜〜〜!

いつもは隣接するご自宅にいるそうですが、ときどきお店に顔を出すこともあるのだとか。

フォトブックのような製本の「富士フイルムのフォトカレンダー」。井澤さんも、予想以上の存在感にちょっとびっくりしたそうです。

「カレンダーを見たお客さんと、ネコのお話で盛り上がることも多いですね。このカレンダーを見て『売り物じゃないの?』って間違われたり。
お客さんにもすごく好評で、『ネコ店長に会いたい』って仰るお客様もいるんですよ。
ウチの子のかわいさがちゃんとプリントされててうれしかったです!」

「季節にぴったりの写真が撮れたら、
『これ、来年使おう』って思っちゃいますね」

ちなみに、カレンダーの注文はPCで? それともスマホで?

「写真はすべてスマホで撮ったもので、写真アプリで明るさや色を少し加工して使っています。
注文もすべてスマホですね。写真のトリミングなんかも、スマホの注文画面でやりました。ちょっとした時間に操作できるのはうれしいですね」

カレンダーはどんな風に使っていますか?

「お店の開店日の印を付けたりして、しっかり活躍してくれています。
でも、ちょっと時間があると思わずパラパラめくって可愛さに癒やされてます…。自分でも親バカだなって思いますけど、ネコ好きの方々はみんなそうですよねっ!?」

そうですよ! ネコの可愛さは尊いんです!

「作った直後からすぐに使えるので、スタート月が選べるのは便利だと思いました。でも、こんなに素敵なカレンダーになるなら、新年には、あらためてカレンダーを作りたくなりますね。
やっぱり季節感のある写真だとカレンダーらしくなるので、スマホで撮りながら『あ、これ8月にぴったり』とか考えている自分がいます(笑)」
来年のカレンダーの構想が広がる、井澤さんなのでした。ありがとうございました!

撮影協力:カフェ「raccoon(ラクーン)」(https://m.facebook.com/raccoon.tokyo/

オリジナル卓上カレンダーリングタイプスクエア

おしゃれなスクエア型のリング製本タイプ。
毎月ちがう写真を楽しめる月替わりタイプです。
写真はキレイで高画質な銀塩写真仕上げ。
カバー3タイプあり、フォトブックタイプの「ナチュラル」と「レッド」は1年が過ぎたらそのまま日付入りのアルバムに。
毎年オリジナルカレンダーを作成すれば、5年後、10年後に見返すのが楽しみになります。
ご注文はこちら