“ネップリ”って?

What’s “neppuri”?

「ネットプリント」の略。スマートフォンやパソコンの写真・画像データを、コンビニのマルチコピー機でプリントできるサービス。さまざまな機能のなかでも、富士フイルムの高品質フォトペーパーを使用したプリントが大人気!

どうやって使うの?

How do you use “neppuri”?

“ネップリ”最大の特徴は、その手軽さ! 専用アプリ「かんたんnetprint」(ユーザー登録不要!)を
ダウンロードするだけで、24時間いつでも好きなときに、お近くのセブンイレブンでプリントできます。

  1. 専用アプリを
    ダウンロード

  2. 写真・画像を選択

  3. 「かんたんnetprint」
    アプリにアップロード

  4. マルチコピー機に
    プリント予約番号を入力

  5. プリント完了!

使い方動画

Movie

かんたんnetprint

iPhoneの方はApp Storeから、Android™の方はGoogle Play™ストアからダウンロード(無料)してご利用ください。

  • app store
  • google play

●会員登録不要 ●ファイル保存期間1日
※ご利用時にはパケット通信料がかかります。 ※ネット環境のある場所に限ります。
※このアプリは、「写真かんたんプリント」の後継バージョンです。

●会員登録不要 ●ファイル保存期間1日

ご利用時にはパケット通信料がかかります。

ネット環境のある場所に限ります。

このアプリは、「写真かんたんプリント」の後継バージョンです。

人気のヒミツはここに!
“ネップリ”の
いいトコロ3箇条

3 good points

簡単・スピーディ・お手頃に#フォトライフを格上げこんなときこそ!“ネップリ”

思い出の写真やお気に入りの画像を
ただ保存しておくのはもったいない!
使い方を工夫すれば、友達や家族、
恋人との仲がぐんと深まるツールに。
また、SNSと連動して使えば、
趣味や仕事の幅を広げることも可能です。

撮ってすぐに、
遊んだあとの帰り道に。
思い立ったときにUP!

友達や恋人、家族とのベストショットが撮れた!というときは、そのままアプリにアップロード。その場でプリントして渡せば、楽しい思い出がより色濃く残ります。別れてからの帰り道にアップロード→予約番号だけを送れば、“プリントしてからのお楽しみ”なプチサプライズに!

離れて暮らす
大切な人と
“今”を形で共有

離れていても、SNSで手軽に日常をシェアできる時代。だけど、特別感はあまりないですよね。ちょっと変化が欲しい!というときは、写真をそのまま送る代わりに予約番号を送信! プリントするまでどんな写真かわからないドキドキ感が、日常を彩ってくれるはず。

自慢の作品や写真を
シェアして拡散!

“ネップリ”は、イラストや絵画、グラフィックなど、写真以外のデータもプリントが可能。自慢の作品をアプリにアップロード→写真とともにSNSに投稿すれば、全国の人に、自分の作品を楽しんでもらえます。しかも、全国どこでも富士フイルムの技術による美しい仕上がり!

同じ趣味を持つ人
つながるためのツールに

趣味にまつわる写真をコラージュにしたり、イラストに起こしたりして、予約番号を添えてSNSにアップ。お礼コメントを通じてファン仲間ができる、同じ作品を共有することで仲間意識が高まる、などなど、趣味の世界がさらに広がります。

高画質なプリントはアルバム、
インテリアとしても大活躍

“ネップリ”の写真プリントは、富士フイルムの“写真仕上げ”。だから、そのままフレームに入れて楽しむのはもちろん、スマホやパソコンのアプリでチェキ風に加工したり、コラージュしてプリントすれば、飾るだけでおしゃれなインテリアに早変わり。

かんたんnetprint

iPhoneの方はApp Storeから、Android™の方はGoogle Play™ストアからダウンロード(無料)してご利用ください。

  • app store
  • google play

●会員登録不要 ●ファイル保存期間1日
※ご利用時にはパケット通信料がかかります。 ※ネット環境のある場所に限ります。
※このアプリは、「写真かんたんプリント」の後継バージョンです。

●会員登録不要 ●ファイル保存期間1日

ご利用時にはパケット通信料がかかります。

ネット環境のある場所に限ります。

このアプリは、「写真かんたんプリント」の後継バージョンです。

ミニドラマ

Mini-drama

かけがえのない人に会いたい気持ち、
伝えたい言葉——。
素直に言えない「ありがとう」から、
恥ずかしくて言えない「好き」まで。
そんな“想い”が“ネップリ”を通じて伝わる、3つのストーリーを配信中。

  • [ 家族編 ]
    会えなくても、すぐそばに
    2020年、年末。主人公のヒロシは、一人で暮らす田舎の母親に、今年は会いに行けない旨を伝える。精一杯明るく振る舞う母に、「またそのうち」としか言えないヒロシ。数日後、母から自分の幼少期の写真が届く。会えなくても、写真が二人をつないでいた。
  • [ 青春編 ]
    待ってろ、青春
    「もっと楽しい思い出作りたかった」と書かれたあずさのノートを発見したたつひこは、1学年上のあずさと共に楽しい時間を過ごす。ある日、あずさは東京の大学に行くことを伝える。二人の思い出の写真を手に、たつひこは未来への決意を胸にする。
  • [ オフィス編 ]
    小さなプレゼント
    お世話になった上司の部署移動が決まった。「お前と仕事できて楽しかった、ありがとう」と、最後まで憎めない上司だった。自分は感謝の気持ちをちゃんと伝えたことはあっただろうか。セブンイレブンのコピー機の前で、主人公はある「お返し」を思いつく。
【出演者】
  • ■家族編
  • 山﨑祥平
  • 山丸莉菜
  • 池村咲良
  • 木下純子
  • ■高校生編
  • 宮野陽名
  • 大政凜
  • ■オフィス編
  • 比嘉梨乃
  • 甲津拓平
○スタッフ
  • エグゼクティブプロデューサー  鈴木健司、植野晴心
  • アソシエイトプロデューサー   岡田純一
  • プロデューサー  中嶋将人
  • ディレクター   碓井将大
  • カメラマン    川口雄介
  • 撮影助手     天野雄太
○制作会社
  • 株式会社REVIVE
  • Rand
  • 株式会社PIW
かんたんnetprint
  • facebook
  • twitter