持田香織 メイン

vol31

持田香織

シンガーソングライター

この写真が撮れたことを喜びとしたい。

結成20周年にして撮ることができた とてもうれしい1枚の写真。

10代の頃からEvery Little Thing(エヴリ・リトル・シング、ELT)として
活躍するほか、ソロ活動にも力を入れる持田香織さん。
ELTとしてデビュー20周年目を迎えた持田さんに「1枚の写真」についてお伺いしました。

2015/9/10 取材・文:井上英樹 構成:MONKEYWORKS 撮影:藤堂正寛 スタイリスト:谷本キヨミ 撮影協力:CHUBBY ニット:kvivit homespun

ー18歳でデビューをして以来、ものすごい量の写真を撮られる立場ですよね。プライベートで写真を撮ったり、撮られたりというのは?

そうですね、ものすごい量の写真を撮られています(笑)。だけど、プライベートで撮られることはあまりなく、ほとんどが仕事の写真です。特に20代は圧倒的に仕事用の写真が多かった。ただ、仕事の合間や撮影で海外旅行に行って、記憶を残したいということはあったので、そういうときに少し撮るとか。日常を残したいという気持ちはあったけれど、自分の目で楽しむことが多かった気がします。本当に目まぐるしい日常だったので。……やっぱり、20代はちょっと疲れていたのかな(笑)。

img-Kaori Mochida

img-Kaori Mochida

ー最近は旅行に行って写真を撮ることは?

最近は自分の中に少し余裕が出てきたので「よし、この隙間に!」と、ちょっとの合間でも旅行に行くようになりましたね。カメラでしっかり撮るというよりは、スマホで撮ることが増えてきましたね。でも、カメラの存在は昔からすごく好きで、古着屋さんとかで売っていた古いインスタントカメラを集めていた時期がありました。けっこう、集めたんですよ。

写真の良さって、そこに映っていたものから、いろいろなことを思い出せることだと思います。やっぱり、記憶は忘れてしまう。日々の暮らしに、新しい出来事がたくさんありすぎて、人生の中で「過去を思い出すタイミング」ってそれほど多くはないような気がするんです。写真を見ると「この時はこうだったな」「こんなことしていたなあ」なんて、思い出せる。

きっと、子どもの頃の思い出なんていうのは、自分の中にそれほどあるものではなくて。両親が撮ってくれた写真から、なんとなく想像したりとか。……それが記憶になっているんじゃないかなあ。写真から「記憶をひっぱり起こして」いるんじゃないかなと思うんです。私にとって、写真は記憶を鮮明に思い出せる役割がありますね。

持田香織Large

ー持田さんにとっての「1枚の写真」を教えてください。

20周年を記念したアルバム「Tabitabi」用に、写真家の平間至さんに撮っていただいた写真です。20周年ですから「20歳の成人式」ということで、晴れ着でお祝いという雰囲気で、撮影しました。友人たちが小道具を作ってくれたり、スタッフたちが一緒になって同じ方向を向けている感じがすごく楽しく、うれしい現場でした。

18歳でELTとしてデビューしたので、今では「持田香織」個人として生きた時間よりもELTの方が長くなりました。私はデビュー以来絶えず「ELTをどうしていくか」を、ずっと飽きずに考えていたんです。いろんなことを試しましたし、試しすぎて逆にわからなくなった時期もありました。絶えず、ずっとなにかやっていた感じです。ちょっと休んで、リフレッシュでもすればいいものを……。そんなことも気づけず(笑)。

持田香織さんが選んだ一枚の写真

一枚の写真
持田香織Large

ーすごく仲の良さそうな写真ですよね。

一緒にやっている伊藤一朗さんとは、歳が離れているし、異性だし。一朗さんはなかなかプライベートを話すようなタイプではないんです。でも20年目にして、今すごく仲が良いんです。結成してから1番仲が良いんじゃないかな。私はそう思ってるんだけど(笑)。

撮影で一朗さんがこんなに笑っているのははじめて見た気がします。一朗さんって、普段から落ち着いた感じなんですよ。撮影現場も楽しかったのですが、出来上がってきた写真を見て「ああ、今まで頑張ってきてよかったな」って感じました。この1枚の写真が、自分を解放してくれたような気がしています。一朗さんが、こんな楽しそうなことがすごく新鮮だった。 20年越しに一朗さんの歯が見られたという(笑)。

img-Kaori Mochida

ー『Tabitabi』の豪華盤BOXには、ELTの歌詞をつないだリリックストーリーブックを元にした、フォトブック『旅々』がついています。

『旅々』の中で、私が手に紅白の綱と鈴をつけて、いろんな街に行って写真を撮っているんです。私自身、好奇心旺盛な猫だと思っていたけれど、実は「猫だと思っている犬」だったんじゃないか。そんなテーマのフォトブックです(笑)。

ELTでは、いろんなチャレンジをしてきました。新曲を出す度に「誰が歌っているの?」と言われるくらい変えたり。私は好き勝手なことをやってきたんだけど「これ以上行ったら、違いすぎてしまう……」という、ギリギリを一朗さんが常に俯瞰して、引っ張ってくれていた。私という動物が、本能的に楽しい方向に行きたがるのを、くいっと引っ張ってくれているんです。

ビジュアル面では、私の意見や希望するスタッフを採用してもらうことが多くて、外から見ると私がELTを仕切っているように見えているかもしれないけれど、実はリードを持っていたのは一朗さんだったんだなって最近思うようになりました。結成、20年目にしていい写真が撮れたなって思います。20周年という時期に、この雰囲気の写真が撮れたっていうのが、すごくうれしかったですね。

持田香織 イメージ

Profile

Prof-Kaori Mochida

持田香織(もちだ かおり)

東京都出身。Every Little Thingボーカリスト。無類のネコ好き。

Every Little Thing
http://avex.jp/elt/