made in japan


国内最高クラスの品質を誇る、
富士フイルム直営のラボラトリーにて
お客様の写真を丁寧に仕上げます。

富士フイルム最高級のペーパー(印画紙)

印画紙は最も高い濃度と彩度を持つ
フジカラープロフェッショナルペーパーを採用し、
豊かな階調と自然で鮮やかな色再現を実現します。

プロペーバーは、高い最高濃度(D-MAX)と彩度を持ち、
営業写真やコマーシャルフォトなど
プロ分野の厳しい品質要求にお応えする
最高品質のプリントを得ることができます。

deep matte ディープマット(無光沢)

表面に特殊なマット加工を施した
当社独自の「ディープマットペーパー」は、
表面反射を極限まで抑えた無光沢の印画紙です。
光の表面反射が少ないため、
柔らかで繊細かつ深みのあるエレガントな色合いを作りだします。
無光沢のため、照明の反射の影響を受けにくく、
お部屋に飾るのにおすすめです。



ディープマット(無光沢)

スタッフコメント

ディープマットのサンプルを見た時「これだ!」と思いました。

見た瞬間、どんな写真も優しくやわらかく、
その佇まいは存在感があります。
どの角度から見ても、窓の光や夜のお部屋のライトが
写真に入ってこないので、
「インテリア」としても、最適ではないでしょうか。
「ディープマット」を
NEW STANDARDにしたいくらいおすすめです。

2012年まで、「Astia」(アスティア)という当社の
カラーリバーサルフィルムがあったのですが、
そのフイルムは落ち着いた発色で、人肌(特に赤ちゃんや女性)
や朝霧の中の風景・淡い色の
花びらの微妙な色調を表現するのに
最適なフイルムでした。
今回「ディープマット」を見た時に、
まずこのフイルムを思い出しました。

従来、「写真館・写真スタジオ」で愛されてきた
高級ペーパーという事もあり、
少しプラスのお値段はかかりますが、
スマホで撮影した写真でも,
きっと1ランク上の感動をお届け出来ると思います。

deep matte グロッシー(光沢)

通常の写真印画紙タイプで、
光沢があり世の中でもっとも普及している面種です。
作品を問わず、あらゆるジャンルにマッチする写真プリントです。
また、最も高い濃度と彩度を持つ
フジカラープロフェッショナルペーパーを採用し、
豊かな階調と自然で鮮やかな色再現を実現します。
特徴として、高い最高濃度(D-MAX)と彩度を持ち、
プロ分野の厳しい品質要求にも対応する最高品質のプリントです。

deep matte クリスタル(超光沢) クリスタル(超光沢)

印画紙に光の反射率が高いクリスタルペーパーを使用。
凹凸を抑え、平滑性を高めた紙表面が、
光を一定方向に反射する為、
非常に高い光沢度とクリアな仕上がりで、
まるで鏡に映したような美しい写真プリントをお約束します。
際立つ美しさと鮮やかさは、
ご自宅でのプリントはもちろん写真コンテストなど出展用プリントとしても最適です。
プリントは、表面が滑らかで反射率が高いほど
画像がクッキリと鮮やかに見えるという特性があります。

そこでクリスタルプリントは
平滑性に優れたポリエステルベースを使用。
キラキラと輝く滑らかな超光沢面を実現しました。
色彩の冴え、優れた階調描写、際立つシャープネス、
作品の持つ 輝き度や透明感まで忠実に再現してくれる、
それがクリスタルプリントです。

deep matte ラスター(微粒面/半光沢)

微粒面半光沢仕上げの質感、
色調やシャドー部分の表現力が高い写真プリントです。
特徴としては、表面が細かい粒状になっている(凹凸があり)ため指紋が付きにくく、
光による反射も極力抑えることができ、
たいへん格調高い高品質でマットな写真プリントです。
表面に細かい凹凸があり反射が抑えられ
指紋などもつきにくくなっています。
写真で絹目(シルク)という物がありますが
それよりもかなり細かい凹凸になります。
その為、ガラスに付着しにくいので額装にも向いています。

deep matte パール(パール光沢)

特殊な感光材を用いた、当社独自の「パールペーパー
(FUJICOLOR CRYSTAL ARCHIVE DIGITAL PEARL PAPER)」
を使用した
プリントで真珠のような結晶構造による輝きの写真プリントで、
ハイライト部において高い光沢度を実現し、
豊かな階調により質感豊かで、
ヌケがよく高精細で色鮮やかな写真プリントです。
特に、滑らかな肌階調と、
落ち着いた「パール光沢」の輝きにより、
肌色を美しく輝かせて見せ、
ポートレート写真や赤ちゃんの写真に最適です。

deep matte テクスチャード キャンバス グロッシー(凹凸あり光沢)

2021年7月14日を持って販売終了致しました。

注文画面へ

ページトップへ