Emiのコラム- vol.8

子どもの頃のこと覚えてる? 私の子ども時代の写真から。

整理収納アドバイザーEmi整理収納アドバイザーEmi
2019/06/28

2019/06/28 TwitterFacebook

イメージ

「みつかる、私たち家族の”ちょうどいい”暮らし」をコンセプトにOURHOMEを運営する、整理収納アドバイザー/Emiです。

毎月の連載も8回目となったこのコラム。

今月は、いつもと形を変えて、私の子どもの頃の写真を振り返りながら「写真」について考えてみたいと思います。
プライベート感たっぷりですが、すこーしおつきあいいただけるとうれしいです。

イメージ

弟にやきもちをやいていた、3歳の七五三

写真は3歳の七五三のとき。
ちょうど弟が生まれた頃です。

それまでずっと「えみちゃん、えみちゃん〜」と祖父母にも一番にかわいがってもらっていたのに、弟にやきもちをやいてちょっとスネている時期なんです(笑)。

初めてお化粧をして、口紅を塗ってもらうのがとてもうれしかった様子。

イメージ
父とふたりで出かけた海

この日は、冬の海に父とふたりで出かけました。

たしか、母と弟は家でお留守番。お気に入りのうさぎのリュックを持って。
大好きなリュックを汚したくなくて、砂につかないよう一生懸命バッグを持っています(笑)。

イメージ
家族で何度も訪れた公園

細長いジュースの缶が時代を物語っていますね(笑)。
ここは、家族で何度も訪れた、鴨がたくさんいる池のある公園。

2歳年下の弟のことは、小さい頃から呼び捨てで呼んだことは一度もなく、ずっと「あっくん」。
生まれたときはやきもちをやいたこともあったけれど、小さな頃からずっとかわいくて、今でもわりと仲良しな姉弟だと思います。

イメージ
キャンプ大好き!一家

土曜日、父の仕事が終わってから出発し、到着はいつも夜遅く。
年に数回、仲良しの友達家族とキャンプに出かけます。

その頃小学1年生だった私は、ひとつ年上の大好きなお友達がいてとてもうれしくて。
夜中に到着するやいなや、張ったばかりのテントのランプをつけて「ねえねえ、ぬりえしよ〜!」と言って「今から!?」とまわりを困らせることもしばしばだったそう。

写真を見返すたびに記憶になっていった

数枚の写真を元に、私の思い出を語ったのですが…、
実は、私の頭の中にはあの公園を訪れたことも、父と訪れた冬の海も、ぼんやりとしか記憶がないんです。

思えば、小さい頃、写真を見ながら両親から

「これは、いつも行ってた池でね〜」
「この写真はね~」

と、写真を見ながらたくさん話してくれたから、いつのまにか、わたしの記憶に刻まれ、またその写真を見返すたびに思い出し、自分の記憶になっていったのだなあと。

もしかしたらみなさんも、小さな頃の記憶って、家族の誰かが話してくれていたエピソードを何度も聞くことによって、刻まれてきたものではないでしょうか?

今、自分の子どもたちは、私たちの小さな頃とちがって、たくさんの写真を目にする機会が多いけれど、写真を見ながら、「このときはこうでね、ああでね」と話す時間はどのくらいあるかなあと思いました。

今日、家に帰ったらリビングにあるアルバムを手にしてみんなで話そうと思います。

<Emiのコラムその他の記事>
★vol.1 “とっておきアルバム”を10年続けた今、思うこと。
★vol.2 どんな写真を選べばいいの?わが家の年賀状づくり。
★vol.3 こんな工夫をしています。わたしの写真の撮り方。
★vol.4 アルバムの「見た目」をそろえる簡単アイデア。
★vol.5 特別な日の写真の撮り方。
★vol.6 撮りたいときにすぐ使える、カメラの収納術。
★vol.7 思い出になる「部屋の写真」は、片づけにも効果的。

整理収納アドバイザーEmi

OURHOME EmiOURHOME Emi

整理収納アドバイザーEmi

HPinstagram

整理収納アドバイザーEmi

整理収納アドバイザー。OURHOME 主宰。
大手通販会社で、8年間の企画職を経た後、2012年独立。現在は、収納プランニング、各種セミナー開催、商品企画プロデュース、執筆活動など多彩に活躍。
著書に「OURHOME 子どもと一緒にすっきり暮らす」「シンプルだから忙しくてもずっと続く!子供の写真整理術」(ワニブックス)などがある。
NHK「あさイチ」や「まる得マガジン/写真整理術」の講師として出演。メディアでも活躍の場を広げている。プライベートでは自身も9歳になる双子の母として日々奮闘中。

HPinstagram
Twitter
Facebook
LINE