ページの先頭です
MENUフジフイルムのDVDダビング・復元サービス

フジフイルムネットプリントサービス / DVDにダビングサービス

懐かしい思い出が・・家族の思い出救出大作戦!
カビに侵された8ミリビデオを復活させて再生してみるまで

1990年代を中心に私たちの思い出を記録し、今まで残してきてくれた8ミリビデオ。「今でも大事に、実家に保管してある」という方も多いのではないでしょうか。
実はわが家でも、先日実家の整理で8ミリビデオを発掘しました。もちろん8ミリビデオデッキはとっくに姿を消し、どんな映像が記録されているのかは記憶の彼方…。しかも、テープリールの側面には、何か白いものがついています。「これはもうダメかもしれない」という、嫌な予感がよぎります。

幼き日の思い出は、無事甦らせることができるのでしょうか…!?

カビやテープ切れにも対応してくれる
わが家にぴったりのデジタル化・DVD化サービスを発見

さっそく、昔のフィルムをデジタル化する方法をネットでいろいろ調べてみました。まだビデオデッキが手元にあって、自分のパソコンでデジタル化している人もいましたが、私にはハードル高すぎ・・!
そんな中で私が選んだのが『フジフイルムのDVDダビング・復元サービス』です。決め手は、ホームーページにあった「カビが付着したテープへの対応」でした。カビが付いたテープの状態を見てみると、まさにわが家のビデオテープと同じ症状! やはりテープはカビに侵されていたのです。
とはいえ、これで“カビが確定”したわが家のテープにも、ひと筋の光明が見えてきました。

Webで注文後、送られてきたのは、この「返送用段ボールキット」。

こちらにテープを詰め込んで返送するだけで、作業は完了。

あとはDVDが届くのを待つだけなのですが…。

つい来てしまいました。「フジフイルムのDVDダビング・復元サービス」の工場である、富士フイルム イメージングプロテック(※一般の方は見学できません!)。
今回は8ミリビデオのデジタル化の現場に潜入し、その作業に密着します!

独自の「クリーニングマシン」でカビ退治!
丁寧な作業で思い出を守る職人ワザ

まずこちらは、送られてきたテープをチェックする工程(写真はVHSテープです)。
●テープがちゃんと回るか
●カビは付いていないか
をテープを回しながらチェックしていきます。

カビがなければそのままダビング工程に進みますが、8ミリビデオテープの7割近くがこの段階で足止め。カビが生えている場合、クリーニングの工程に移ります。

カビが生えたテープは、まずこのように分解されます。
簡単に聞こえますが、これが実は職人ワザ! 小さなネジやバネがあるので慎重かつ正確な作業が求められます。もちろんクリーニング後は元のテープに組み立てられます。

そして登場するのがこちらのクリーニングマシン。フジフイルムの工場にしかない完全オリジナルなので、企業秘密だそうです!

クリーニング液に10分程度浸されたテープをマシンにセットし、ゆっくり回転させながらカビや汚れを除去していきます。洗浄液はフジフイルムの研究所で独自に配合された特別製だといいます。1本ずつ、20分以上をかけて行われる地道な作業。これが、「思い出をより美しくダビングする」ことにつながるのです。

テープの劣化で万が一切れてしまった場合も大丈夫。専用の機器でテープをつなぎ、切れた影響を最小限で済ませます。

テープに残っているのは、お客さまのかけがえのない思い出。「思い出をなんとしても守りたい」という思いが、丁寧な作業を支えています。

カビを撃退し、テープがきれいになったら、晴れてダビング工程へ。「テープとデッキの相性」まで気を遣いながら、最適な画質でデジタル化、DVD化が行われます。
その証拠に、他社のサービスで「デジタル化できない」というテープが送られてくることも多いのだそうです。

そんなわけで、「カビが生えちゃったから、諦めるしかないか」とお嘆きの方、諦めないでください! フジフイルムの職人たちが、あなたの思い出を必ず次の世代に伝えてくれます。

「DVDにダビングサービス」に持ち込まれる8ミリビデオテープの
約7割がカビに侵されていた…!

テープの側面に付いた“白い何か・・・”。これが「カビ」です。

「DVDにダビングサービス」を担う 富士フイルム イメージングプロテック によれば、サービスに持ち込まれる8ミリビデオテープのうち、なんと7割近くがカビに侵されているのだとか! これはかなりショッキングな数字ではないでしょうか。
7割近い8ミリビデオテープにカビに侵されている現状は、今後さらに悪化していくことが予想されます。

また、1年間で多くのダビングを行っている富士フイルム イメージングプロテックですが、実はダビング工程にも将来的な問題があるといいます。
それは、「ダビング機器の寿命」。現在8ミリビデオをはじめとしたダビング機器はほぼ新規生産がされておらず、今使っているものが故障してしまうと、工場ですらテープのDVD化に支障が出る恐れがあるのです。

「あの頃の思い出をちゃんと残しておく」には、実はタイムリミットがあるのです。かけがえのない思い出だから、カビに侵されたり、テープが劣化してしまう前に、しっかり対策をしておきたいですね。

フジフイルムの「DVDにダビングサービス」は、Webで注文がOK。送られてくる「返送用段ボールキット」にダビングしたいテープを詰め込んで、コンビニなどから発送するだけの手間いらずです。

大切な思い出を二度と見られなくなってしまう前に…。
次の帰省では、ぜひ「眠っているビデオテープを発掘」してみては。8ミリビデオは「フジフイルムのDVDダビング・復元サービス」に任せて、“笑いあり、涙あり”の家族映像上映会を計画しましょう!

※公序良俗に反するもの、著作権を侵害するものはダビングできません

フジフイルムの思い出を
カタチにするおすすめサービス

VHS・miniDV・8mmビデオをDVDにダビングしてお届け「DVDにダビングサービス」
8mmフィルムをDVDにダビングしてお届け「DVDにダビングサービス」
たくさんの写真プリントをDVDに変換してお届け「写真スキャンサービス」
たくさんの写真フィルム(ネガ・ポジ・黒白)をDVDに変換してお届け
アルバムを一冊まるごとDVD/ブルーレイとフォトアルバムに変換してお届け「写真スキャンサービス」
故障したメディアから画像やデータを復元し、DVDにしてお届け「メディアデータ復元サービス」


PAGE
TOP